2014年05月18日

「食」の安定化を目指すinsouホールディングス株式会社

皆様、こんにちは!先日のブログ記事では2011年の震災の話題もチョコっと取り上げてみましたが、あれから災害用に「水」をそばに常備しておくなど日常生活で必要な安全への取りくみ方がすこしずつ変化してきているような印象を個人的には感じましたね・・・・。水にたずさわる事業はここでよく話題にしている「insouホールディングス株式会社」にてメインで実施されているようですが、すべては「食」に携わることの不安定さへの危機感から始まったようなのです―――。
食べ物にまつわるマイナスなイメージのニュースはずっと以前から報道されていて、それが止むことは一向にありません。しかも(当たり前な話しですが)一般市民の口に入るものの事ですから、いちど信用を失えば食で再び立ち上がることはとても難しいのはなんとなく想像できます。飲食に関わるすべての安全管理を徹底して欲しいのはもちろんですが、それでも「食べること・飲むこと」という行為そのものを仕事につなげるのは現実的にとても難しいようですね―――・・・・。

insouホールディングス株式会社では、不安定な食の現状に携わる企業の力になりたいという確固たる理念をかかげております。この企業では「飲食」を「産業」と結び付け、様々な方向性から「飲食産業」の現状の安定化にむけて創造的な取り組みを実施しているのです。この「飲食産業」という聞き慣れない言葉については次回以降もうすこし具体的に考えていきたいですね(*^_^*)
posted by prnrf at 16:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。