2014年01月31日

印相(INSOU)と会社(ホールディングス)

こんにちは。

印鑑について調べたりしていますが、
印鑑をお手入れするという認識はあまりなかったので、
これからしっかりと意識したいと思います。

insouホールディングスや印相にまつわること調べてみて良かったなと思います。
しっかりとした印鑑も作りたいですし、
その作った印鑑を大切に使いたいなと思ってきました。

印鑑を大切に使えばいいこともありそうな気がします。

insouホールディングスの印鑑もきっと大切に扱われているだろうなと思います。
insouホールディングスだけに限らず、
会社の印鑑は個人よりも大切に管理されていると思うので
管理がしっかりしている会社は業績も良さそうだなとすら思ってきました。
勝手なイメージですが。

今日も印鑑について調べたいと思います。
今日はまた材質についてです。

【オランダ水牛】
オーストラリア産の水牛の角です。
象牙に次ぐ耐久性、押印性を持っています。
模様がなく透明度のあるオランダ水牛の中でも最高級品、
「純白・芯持ち極上品」と天然縞模様が少し入った「芯持ち極上品」、
いずれも芯が通った角の中心部分の芯持(しんもち)という部分があります。
また見た目の美しさから特に女性に人気があります。
※芯持ちは角の一番良質な部分なのですが、
芯の部分はその周囲よりも多少やわらかいため、
年月が経過し乾燥すると、印面の芯の部分が収縮し、凹んだりすることがあります。

オランダという名前なのに、オーストラリア産などなのですね。
調べてみましたが、他にアフリカなどにもいるみたいです。
posted by prnrf at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

印相(INSOU)と会社(ホールディングス)

こんにちは。

印鑑を気にしていると
どんな印鑑が押されているのか気になってきますね。

insouホールディングスの印鑑は見てみたいですが、
どうやったら見ることができるのか
ちょっと考えてみることにします。

insouホールディングスのプライベートブランドの商品を
購入してみたら、請求書などにinsouホールディングスの印鑑が押されいるかもしれませんね。

ただ、insouホールディングスが個人向けに
商品を販売しているかが問題ですね。
飲食店向けにのみの販売かもしれません。
そうなると、請求書などを見る機会もないですよね。
なかなか難しそうです。

また今度、色々と印鑑を見る機会を得るためにはどうしたらいいか
妄想をしてみたいと思います。

では、今日は今まで見ていた印鑑の材質の
お手入れ方法を紹介したいと思います。

【ハンコのお手入れ-象牙・河馬牙・マンモス】
お手入れは特に難しさはありません。
年数が経っていて汚れがひどいもの、艶を失ったもの、
小キズがたくさん入っているものには、
ネルなどの柔らかい布に少量のコンパウンド(極細)や
歯磨き粉を付けて磨くと驚くほど綺麗になります。
ただし、印面には使用しないでください。
水洗いもOKです。
長期の使用で朱肉の色素が沈着しますが、
これは磨いても取ることが出来ませんのでご注意ください。

水洗いでもOKなのですね。
そして、歯磨き粉とういのも驚きです。
印面に付かないように気をつけなければですね。
posted by prnrf at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

印相(INSOU)と会社(ホールディングス)

こんにちは。

insouホールディングスに限らず、
会社の印鑑を見る機会があるのは
一般消費者だと、納品書などに押してあるときなどでしょうか。
あとは、何か契約を交わした時に見るくらい。

そう考えると会社の印鑑を一般消費者が見る機会は本当に少ないですね。
その見る機会が少ない時に、インパクとある印鑑を使ったら
その会社のこと忘れないかもしれませんね。

insouホールディングスはそんな奇抜な印鑑をつかっていることはないと思いますが、
今後から何か会社の印鑑が押してあるのを目にする時、
どんな印鑑なのかと興味を持ってみてみたいと思います。

insouホールディングスも
飲食業で仕事をしていたらinsouホールディングスの印鑑を見る機会がありそうですね。

今日も印鑑の材質についてちょっと調べてみたいと思います。

【マンモス牙】
1万年以上前の氷河時代に厳しい寒さの中で生息し、
高さ4m、体重5〜10トン、牙の長さは2.4〜4mと
巨大でシベリアなどの凍土の中から骨や牙など数多く発掘されています。
化石のため象牙とは異なり輸入することは出来ますが、大変貴重な逸品です。
また、近年の研究においてはミトコンドリアDNAの調査により
現在のアジア象に近い種であることが解明されています。
材質は象牙とほぼ同じですが、
幾万年の気が遠くなるような時を耐え抜いたその強度、
耐久性は象牙を凌ぐ本物と言えるでしょう。

マンモス牙でも材質にすることがあることにびっくりしました。
保存されているのでなく、一般にも流通していることに驚きです。
posted by prnrf at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。