2012年12月29日

印相(INSOU)と会社(ホールディングス)

こんにちは。

印鑑と開運って関係なさそうですが
とても関係があるんですね。

会社の印鑑をきちんと作ってるところって、
実際どれくらいの割合になるんでしょうね。
それを調べることはできませんが、
前回気になったinsouホールディングスはきっと、気にして作ってそうです。

insouホールディングスは、社名が比較的ながいですが、
こういったinsouホールディングスの様にローマ字とカタカナの会社の
印鑑はどの様になっているのでしょうね。

字画とかも漢字名の会社と同じように鑑定ができるのでしょうか。

そういうことも気になってきました。

今日も印鑑屋さんのページで
色々と勉強させてもらおうと思います!

吉相印鑑をとりあえず欲しいという場合の
お勧めの素材が載っていたのでご紹介します。

違いが分からないので、説明がされていると分かりやすいですよね。

【本柘(ほんつげ)】
『木』に『石』と書くように植物の中でも繊維が緻密で、
硬度も粘りもあり篆刻に適しております。
他の印材と比較すれば若干耐久性は劣りますが、
通常のご使用なら十分使える印材です。
輸入されている柘が多く使われております。

これはお店によって国産のものを扱っているみたいです。

柘というのがどういうのか分からなかったので
調べてみた所、将棋の駒にもなっているみたいです。
プロの棋戦に利用されているそうです。
将棋の駒は工芸品の価値もでてくると書いてありました。

印材としても利用されているのですね。
posted by prnrf at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。